ラブプラス 1/8フィギュアシリーズ 小早川凛子

2010年発売フィギュア ら行タイトルフィギュア
2010/12:コナミ 原型:絵里子(新居工業) 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 いい縞パンっ娘だ。

 コナミのフィギュアは久方ぶりだ。

 ゲームは知らないけど、フィギュアのサンプル写真を見て思わず予約した手合い。

 特典のバッジみたいなもん。

 同時3体リリースで、そのうち貧乳の凛子。

 あまりにもスカートが短くて、視線に合わせてすこし上側にカメラをセットして写したのだが、ぱんつしっかり写っていた。

 制服にいろいろアイテムが付加されている。学校帰りでアフタースクールお楽しみって感じかな。

 原型は女性。それゆえか細部が妙に艶めかしい。

 カメラを下に位置させると、正面アングルでもぱんつが――しましまっ。

 髪型の替えパーツがおまけで4種も付いてくる。調べるとゲーム中で見られるものだというから、いろいろ現実的に凝ってるね。

 チャイナ風味?

 お嬢様型かね。

 小学生のような髪型をするとやはり幼い印象だ。

 アップにすると、髪の部品精度があまり高くない。

 したがってクオリティはどうかなと判断するに、普通のフィギュアかな、と。

 それでもこのフィギュアがちょっと面白いのは、やはり各種パーツへのこだわりかな。その最たる物は髪型だね。

ボブカット

 なんていうか知らないので、チャイナ。

 このままチャイナ服着てもきっと似合うよ。

 太いヘアバンドが初々しい。

別角度

ショートツインテール

 髪パーツが多いと、どれで飾ろうか悩みそう。

制服上半身

 同時発売のほか2人と比べて身長も低いし、バストサイズも完璧な貧乳。

 制服の塗装はけっこう安定してるね。

 せなか。首の裏と襟の境目など、表現が自然だ。

 凛子が装着してる各種アイテムは妙にリアルっぽいんだが、首の携帯は実際に存在するものなのかな?

おてて

 この時計はカシオのGショックっぽい。

 左手。爪も細かいね。

おへそ!

 鞄の自然に見えるバッヂ配置に注目したい。細部に宿るリアル。

 この写真は、いかにも「はいてない」。

 とんでもないスカートの短さだけど、ゲームじゃどうなんだろう。調べてみると、やっぱり短かった。

 長い足。

 この靴も似たようなスポーツシューズがあった。現実性にこだわっているデザインは、ラブプラスのコンセプトなんだろう。

台座

 見事なしまパン。形もボリュームもシマシマ具合も。

 あそこの盛り上がりも素晴らしいぜ。

 以後、枚数を最近では多めで。

 このパンツは「穿いている」感がいいんだよね。

 絵のように張り付いてるぱんつじゃなくて、穿いてる膨らみがある「下着」になってる。

 あとはどアップでお楽しみあれ。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp