ラブライブ! Birthday Figure Project 1/8矢澤にこ 電撃屋限定

2016年発売フィギュア ら行タイトルフィギュア
2016/07:アスキー・メディアワークス 原型:秋雨(ひだまり堂) 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 μ'sのメンバーの誕生日を一緒にお祝いしよう! 第8弾。

にっこにっこにー

 ついに8人目まで来たよ。

いつもの特典

 台座が高いので――

 低くして撮影。どちらでも選択可能。

 バースディ・フィギュア・プロジェクトの肌色はやや赤味を帯びた白という感じに出るね。

 うちでは飛び飛びの購入になっていて済まないね。ロリっとフィギュアレビューサイトなもので。

 赤の色がかなり濃いぜ。

 にこ先輩はラブライブメインキャラで唯一の黒髪。

 アニメ配色で黒髪ツインテロリは貴重。

 ぱんつ見えてしまってるにこ先輩。ぱんつ万歳。

 リアルなら見せパンにするところだけど、男の野望と紳士リビドーの凝縮であるフィギュアだから無視だぜ。

 スタイルは理想化されて7頭身。

 ロリ担当のひとりなので6頭身、アニメではときに5頭身台。

 でもフィギュアだから7頭身が許される。プロの原型師もいっている。こういうのは指摘するだけ野暮だと。

 変だぞと声をあげた瞬間、そいつは「分かってない」認定される。それが理想化が優先されるフィギュア。突っ込んだら負けの世界。なによりもイメージが先行し、すべてに優る。ぱんつになるのも同じ。

 絞り開放近く。

 暗い照明。

バストアップ

 造型は秋雨氏。

 ここがベストアングルだな。飾るならここがポイントだ。

 きれいな髪だぜ。

 ツヤ消しつぶつぶ。高3とは思えない幼い髪型――でもそれがイイ!

 服の塗装も意外に細かい。

 濃い赤が色飽和するほどドぎくつ出てるのは超高演色LEDの影響。通常の照明で見ると大人しく見えるが、太陽光下だとグっと濃くなる。本来の色はそれで正しい。現像直後はちゃんと赤の中にも濃淡があるが、Web公開でjpgへと落とす最終段階でjpg規格の限界にぶちあたり赤が飛ぶ。なにせコントラスト「未操作」でこれだ。

背中

 横やスカート。

 足。ぱんつ。

 飾る人の多くが採用するであろう台座。

 こちらがいちおうのオリジナル。「!」を担当とは、にこ部長らしいぜ。

 ぱんつは前だとあまり見えず。

 おしり側――ディテールはしっかり。

 純白でとくに飾りっ気はない。

 あとに残るは9人目、主人公だな。予約してたかどうか覚えてない!

Copyright 2005~ Asahiwa.jp