レジーニャ! リトルバスターズ! 棗鈴GEE!限定版 縞パンVer.

2009年発売フィギュア ら行タイトルフィギュア
2009/02:コスパ 原型:ひろし(桜前線) 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 リトバスではもっとも立体化されている棗鈴、レジーニャからも当然のように発売された。バージョン違いは下着のデザイン。今回は限定版の縞パンで。ノーマルは普通の白。

 特典はこんなの。

 レジーニャシリーズは毎度、脚部ABS素材の発色が悪い。今回の場合、顔や手も良い色とはいえないがまだ我慢できる。肌色成型でPVCとABSの色をぴったり合わせるのは他のメーカーが普通にやってる、すでに基本レベルの事項だから、いいかげん契約している工場を指導して、向上心を刺激して欲しい。こんな些細なことで、和風堂玩具店、クレイズ、アトリエ彩、キャラアニ(トイズワークス)……こういったかつての同列メーカーに追い抜かれてるよコスパさん。

 うわ時々こんなこと書いてるから、うちにはアクセスの割にサンプルレビューやメーカー広告の依頼が未だ一件も来ないわけだ。とにかくバリエーションやおまけの前に、やることあるでしょという、事情なんか知るかってなお客さんからの好き勝手な文句という名の苦言ってことで。

 ボーイッシュなポーズがぐっと決まってる鈴。元々はガレージキットだった。 注目は風の表現だろう。スカート、制服、髪の毛の揺れ方など。

 あみこが純白な布を被ってるのは、しましまへの対抗のつもり。

 猫見てると迷曲じゅぴにゃーが脳内再生されそうだ。

 チラっと見えるはピンクじま。

 あみこのぱんつ被ってにやりってるのって、かなり危ない? 似合ってると思うけど。

 斜め上から。髪の毛が左右にうまく空間を占めてる。

 髪を中心に切り取ってみた。

 正面のアップはこう。正面から見ないことを前提としたような、左右非対称のコミック的演出を優先したアイプリントだ。

 アイプリントを生かせるおそらくのベストアングルはこの辺り。視線に合わせてみた。

 左側に寄ると髪が迫ってくる。

 耳の周辺は原型師によって造型がおおきく異なってくる。ひろし氏は小振りながら多房だ。

 髪の分けかたも大胆に。

 胸のリボンは風の影響を受けず。

 正しく貧乳。

 セーラーもなびく。

 腕にはよつば。そういえばこいつ外すのずっと忘れてた。

仔猫

 くいっと曲がる制服。

スカート

 キャラの性格とのギャップが激しい、病人みたいな色の足。これは残念すぎる。



パンチラ

 ピンクのしまパン。リトバスキャラにはしまパンが似合う気がする。

 もはや語るまい。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp