mobipリトルバスターズ! 神北小毬

2009年発売フィギュア ら行タイトルフィギュア
2009/08:アオシマ 素材:PVC/ABS 分類:アクションフィギュア

 いきなり結論から述べると、figmaを参考にしすぎてるぶん劣化figmaの印象が拭えないが、女の子座りの標準実装とか独自の仕様も色々盛り込まれて差別化を図ろうとしている。アオシマがこの方面の萌えに参入して日が浅いが、正統派の技術・開発力を持ってるメーカーなので、今後の努力と成長にはじゅうぶん期待できるだろう。

mobip第1弾

 肩口とかで嫌な予感というか、第一印象的になにかに似てると……

 ……やっぱ気の迷いかなうん。違いすぎる。というかQ-joyは別格だな。

 大事な第1弾の選択が服装的にちょっとミスかも。figmaでもこういう肩の処理にはいろいろ苦労してるし。セーラー服って便利だよね。

 若干斜め上から撮影してるにもかかわらず、尻突き上げてるわけでもないのに、なんで見えてるかなー。しましま。

 一周撮影のポーズや顔、下着はデフォルトではない。性格を現せるほうがいいかなと思って適当にチョイス。

 なんつー防御力のない露出狂スカートか。

 俯瞰だと台座のmobip表記がよく見える。

アップ

 figmaは割合接写に耐えるが、mobipはまだまだだ。前髪パーツの成型アラが目立つのと、肩口の関節が……これを押し込めることは出来ない。最初から可動範囲を得るべくこの部位はあえて図示すると「-●-●-」こんな風に二重球体がバーベル状に繋がっていて 、隙間が露出する仕様となっている。

 第2弾の棗鈴はセーラー服なので、セーラーが肩のこれを覆ってくれる。figmaが標準採用している隠し技だ。figmaの男子キャラは肩の裏側を広げることで不自然さを隠しているが、女性キャラでは体育系ムキムキを除いてそれは使えないから、なかなか難しい。

 ノーマルな顔パーツ。個人的にはやっぱきらきら顔のイッてるほうがいい。

 やはり全体に造型が甘めだ。figmaの浅井真紀氏にまともに対抗できる原型師はそうはいないし、量産レベルにしてもマックスファクトリーのほうにどうしても一日の長がある。

 人間キャラクター物アクションフィギュアの最高レベルに君臨するfigmaと比べてばかりなのは可哀相かも知れないが、mobipはあきらかにfigmaを強烈に意識しているから、正面から比較されるのは仕方ないところだろう。

 そのかわり、mobipは高い水準のものを参考にして吸収してるお陰で、可動レベル他においていきなり結構なレベルに達していると思う。たとえば問題だらけのグっとこないシリーズやかすたまP辺りはすでに比較にならず、mobipに確実に軍配があがるだろう。

 服全体はゴム状素材だ。見えない部分にも多間接が仕込まれていて、見た目を維持しつつ痒いところに手が届く可動を最初から実現している。首まで連結にしてやがるし。上半身で残念なのは肩口くらいかなやっぱ。

小物の本

 飴とドーナツ。ドーナツは2種類ある。

 超ミニスカート。見えてる見えてる。

 もはやスカートの意味がないくらい。

 へそもあったよ。腰のでかい球体は残念な構造だ。ここはfigmaでは極力小さく抑えて、かなり目立たないようにしている。

 脚部。やっぱ間接がfigmaより大きめだ。表記を信じるなら、素材に従来通りのPVCとABSしか使用してない関係だろうか。

台座の文字

 figmaと並べてみる。なんとなく喜緑さん。

 台座なしで立たせてみるとほぼおなじ高さ。

 キャラや作品ごとのバランスによるだろうが、頭部はmobipのが小さかった。

 mobipの秘かな売りがある。これこれ。女の子座りを標準実装。

 股関節の見た目を重視した結果、figmaにはかなり難しい。出来る子もいるけど少ない。

 女の子座りは股関節部に大胆な手を採用してるフロイラインリボルテックでもできる。下着のエロさはラバーパーツを必要としないフロリボが一番だ。

 figma規準なので、ショーツはあまりエッチではない。

 ほとんどの写真でシマパンだったが、じつはこれおまけパーツ。本来は一枚上のピンク。

 でもまあ、しましまのほうがいいよね?

Copyright 2005~ Asahiwa.jp