ケロロ軍曹 組立式DXフィギュア アリサ・サザンクロス 過去の狩人編

2009年発売フィギュア か行タイトルフィギュア
2009/10:バンプレスト 素材:PVC/ABS 分類:プライズフィギュア

「……私はアリサ、闇の世界・ダークゾーンから来た」

「私は狩人。闇に住まう者を狩るダーク・ハンターだ。今日の獲物はまず、ゆっくり」
「ゆ、ゆっくりしていってね」
「ゆっくりしすぎた結果がこれだぜ……」

「そしてこいつ」

「知らない人はまずいないだろう。モアイだ」

「これもまた、闇の生き物ダーク・レイス」

「日本にはモアイが何百体もいる。フユキが言うには北海道の真駒内滝野霊園がとくに凄いらしい。変な国だな」
撮影:高知県高知市春野 財団法人蔵

「そうだ、今日は古き闇を狩りに行こう」

アリサ・サザンクロス2種

 組み立て式でケロロ軍曹は初登場。ついでにアリサのリアル頭身商業フィギュアもアニメ初登場から3年もかかってようやく実現した。

「大収穫だったねダディ」

「我が名はネブラ。我が娘アリサ・サザンクロスは此度も良く働いた」

「1体目の反応はここ」

「埴輪に偽装しても無駄だダーク・レイス」

「ほらね」

アリサ・サザンクロス カチューシャバージョン

 戦闘力ではケロロ軍曹最強の女性キャラだろう。

 無口ダウナー系でも最強か。ほかは基本明るい子ばっかだし。

「ゆっくりしていってね!」
「ゆっくりしすぎて壊れちまったぜ!」

再現

「アリサ姐、あいつがきっとダーク・レイスですぜ」
「感じる。隠れても無駄」

「2体目を確保」

 塗りが単調なように見えるが、そもそも服が単純な作りをしている。

アリサ・サザンクロス コウモリバージョン
 頭とダディ以外おなじなので一周撮影とか省く。

 上より。足元の黒い変な生き物はアリサの父親ネブラ。

「アリサ姐さん! この古ぼけたブツからも物の怪の臭いがしやすぜ」

「使い古した冑を150年後に井戸の桶へとリサイクル!」
「なんというゆっくり!」

「3体目」

アップ

 アニメとかなり似てる。

 コウモリバージョン(戦闘・飛行モード)で。ネコミミのカチューシャはダディだ。

「金色ぴかぴか……」

「綺麗だな」

「2mもある大きな焼き物を、なんに使うのだろう」

「そうだ、焼き物といえば人型の埴輪を忘れてはいけない……」

「やはり隠れていた。4匹目」

ネコミミ

コウモリ

 このツインテは四六時中。

 貧乳だ。数百年生きてこれなので、これ以上発達の見込みはないらしい。



「あれは……」

平城京:大極殿(模型)

朱雀門
「なるほど、さっきの焼き物はこういった屋根を飾る金鯱鉾か」

「ん? これは尋常でない強力な、禍々しい気配が!」

せんとくん

「5匹目。なりは小さいが一番の大物だ」

 背中側には残念ながらコピーライトマークが。

 スカートは超みじかい。

 尻チラとか。スパッツみたいなもの。

脚部



「今日、ダーク・レイスを見つけたところはある展示会の会場だ」

発掘された日本列島2009
「闇の者たち、土産コーナーで売られてた。人にも簡単に捕まってるとは」

 あとはいつものスカートの中。

 格安生産のプライズだから塗装は単調だが、原型師にそんな事情は関係ないわけで造型面はバカにできねえ。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp