かんなぎ 1/7ナギ

2009年発売フィギュア か行タイトルフィギュア
2009/02:コトブキヤ寿屋 原型:阿部まさと 素材:PVC 分類:塗装済み完成品

 このナギ、リアルで肉球ぷにぷにだった。フォーリーブスを立ち上げた辺りから触感にこだわってるねコトブキヤ。新しい挑戦をブランド以外のノーマルタイトルにも反映させている辺り、意欲の高まりは現在のフィギュアシーンで向かうところ敵無しな連合系(元を含む)への対抗か。

イラスト

 3人娘立体化予定だけど、よつばと的に買うはナギのみ。スケールは1/7で、水着となると大きめスケールでカバーするのが最近のコトブキヤだ。

 商業ベースでの展開はこれがはじめてのナギとなる。最近のフィギュア、複数のメーカーから出される可能性が高い人気コンテンツでは、一番手は水着というパターンがちらほら。企画から発売まで短期間で済むからかな。

 座位だけど、1/7スケールなので長い足が強調されてグッド。

 青い台座の濃さが、薄い肌色の足を際だたせている。

 後ろは髪の毛おばけ。

 やっぱ白と青の対がいいね。

 髪で隠れてるけど、ないのもいい。
 ロリだとネコミミ水着というのは、最近の流行なのかな。

 斜め上からも。

 古風な髪の毛に最近のアイテム・ネコ属性という組み合わせ。

 顔の仕上げは善哉、善哉。

 肌の白さは原作およびアニメ譲り。神だし。

 イラストの表情にもコンパチ交換できる。

 あまりこのフェイスでは飾りたくないかもだけど、3人とも買ってるなら、イラスト再現でいいかもね。ドラマ性といえばやっぱこちらのほうがあるし。ジオラマライクね。

ネコミミ

 その結び。

 側頭部には、猫耳ハチマキの紐が下を走ってるのを連想させるふくらみが、青い円内にかすかに再現されている。芸が細かいね。

髪の毛

 胸を覆う髪の一部。

首輪ちゃん

バストアップ

 貧乳は当然として、その下の、腹辺りのライン浮き上がりなどくっきり。

「よつばはべつにはんざいてきなことはしてないぞ」

背中

 ワキは残念ながら見られないが――

 おてての先は猫だぜ。

 このフィギュアで何気に凝ってた部位。わざわざ柔らかめの部品を使用している。

「にくきゅうだ」

「さわるとぷにぷにするぞ!」

へそ

しわ

しっぽ



 台座の青とのコントラスト。



 足先のほうもネコ。

 やっぱ肉球。

「こちらもプニプニなのデス」

 ふかふか台座。

 水着だけど白だとなんかぱんつっぽいというか。

 前股間のライン。

 ヒップはごく控えめ。

 光の加減で浮き出るすじさん。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp