コトブキヤ 亜人ちゃんは語りたい 1/7小鳥遊ひかり

2017年発売フィギュア た行タイトルフィギュア
2017/06 原型:Knead 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 いきなり決定版のデミちゃん。ファンはまずこのひかり買っとけ状態。

 やっつけでOP背景と適当合成。



 亜人(デミ)ちゃんの原作は珍しく1巻から追ってる。わりとおっさんホイホイ。

 この作品、地雷のひとつハーレム要素があるが、なにせ主人公がちゃんとした人格者だ。ゆえに余裕で許容。

 とくに理由も努力もなく好かれるってパターンは社会に出て一定の年数が経つほど受け付けにくくなる。世に氾濫するハーレム作品の9割がそんな感じ。

 亜人ちゃんは語りたいは残り1割のレア作品。成人・社会人にオススメだよ。ハーレムの王道とされるソードアート・オンラインはキリトが命を張る率の高さにより許容。

 背中は完成度を語る。いい作品だコトブキヤ。

 ポーズがポーズだしスカートも短いからぱんつ見えるね。

 純白はいい子だ。

 現代のヴァンパイア少女、伝承とのギャップ萌え。

 PVCの透明感はさすが。コトブキヤもPVCの素材がちょっと上質になったかな。

 プライズやおまけフィギュアと、スケールフィギュアとの肌色の差は質感だ。プライズはテカテカ、スケールはつや消し。

 フィギュアのポーズは原作表紙1巻+1話の複合だ。表紙だけ載せるが、微妙に違う。目と口。

 原作1話の内容はアニメ1話(初出)でも再現。12話(デジャヴ演出)の合成かつファンタジーかな。1話は鞄なし、12話は鞄ありだけど持ち方がフィギュアと違う。ついでにウィンクが左右で違う。

 ひかりの性格そのままの表情と動き。

 撮影は半月ぶりにミルバス2/100M。マクロプラナーは現行101モデルでもっとも明るい、世界一大口径のマクロ。おなじ構図&絞り開放で一般のマクロレンズの1.4倍以上ボケる。

 急ぐときや適当は純正マイクロ105mm、じっくりはカールツァイスと、使い分けがはっきりしてるな。figmaとかデフォルメは純正の登板が多い。個人的に私の中ではスケールが最上位、アクションやデフォルメは下位ランクだ。

 シンプルなりに完成度と顔の肌の透明感。

 独特の髪型はコウモリを意識してのもの。毎朝けっこうな時間をかけ、妹に手伝ってもらいながら結っている。そういう細かい日常を綴ってるところもこの作品が好きな理由だ。

 線の細いフィギュアの似てる度はアニメ寄り。原作はここまで繊細じゃない。

 日本人ながら金髪はヴァンパイアの性質。親や妹はひかりが寂しくならないよう、合わせて脱色してる。

 ちょっと着崩れてるのもひかりらしい。

 胸は普通。ちょっと巨乳の解釈でも購入予定だった。いい子だよ。

サイド

 鞄にコウモリのストラップ。妹とタイプ違いでおそろいだ。

 背中――とぱんつ。

ミニスカ



 台座はガレージキットを思わせる仕様。固定具も金属。

 いきなりキャストオフ。

 すでにぱんつ何度か見えてるから、脱がしでいいよね。

 いいぱんつだ。高校一年生。

 接写はスカート装着状態のほうがエロい。ついでにすじあり。

 顔は可愛いし原作とアニメの雰囲気を再現できている。ぱんつも下の一枚の通り。日常系が好きでモンスターっ娘も好きなら迷わなくていい。買い。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp