ああっ女神さまっ 1/8スクルド

2009年発売フィギュア あ行タイトルフィギュア
2009/11:グリフォンエンタープライズ 原型:ひろまん 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 スクルドのフィギュアは稀少だ。

 ばんぺいくんは2004〜2005年ごろのアフタヌーン雑誌付録から。スケールが合ってないけどなんとなく並べてみた。

 連載開始より20年以上の歴史を持つああっ女神さまっ。ロリ担当のスクルドは10年以上昔からたびたび商業フィギュア化されてきたが、メインヒロインの末席に位置するゆえにその数はとても少なく、およそ10種前後しかない。1年に1体ていどのスローペースだ。

 本作を含めてもこの2年で3体しか出ておらず、スケールレベルの大きさによるPVCモデルは2003年以来、6年ぶりとなる。スクルド好きは買うしかないだろう。選択肢の余地はない。

 台座背景合わせて小情景(ヴィネット)を形成する。ネタ元は24巻の表紙だ。

 原型はイベント限定のガレージキットだったものだ。ひろまん氏は2000年代前半にああっ女神さまっのガレキを何体も手がけており、このスクルドもその一体だった。初出は2003年夏である。

 つまりは6年前の作品なわけだが、今回の商業フィギュア化に際し、細部で手入れが行われたようだ。たとえばのっぺり顔が立体的に丸みを帯び、この6年で成長した原型師の腕が加味されているように見える。後での顔アップ写真でわかると思う。

 台座やディスプレイの細部はみんなABSだ。

 発表当時話題となった作品だけに、その実物を量産品とはいえ手に出来て満足だ。作品性が優先されたため、エロ要素はおおきく抑制されている。

 台座があまりにも背高のっぽなので、キャラを抜き出し通常縮尺で。

 検索して出てくるガレキの写真と比べてみると、やはりこちらの量産品のほうが良くなっているように見える。

 原型ひろまん氏によれば、この作品のテーマはアンティーク風味らしい。なるほど、よく出ていると思う。19世紀みたいだ。

上より

 1/8といってもスクルドの体格は小学校高学年ていどなので、フィギュア本体はさほど大きくない。

 だから顔パーツも小粒で、ちょこんとしたお人形みたいだ。

 女神の魅力を十分に伝える笑顔がほほえましい。



 ハートと翼を合わせた意匠。

 人形のような服。

 レースのケープにセーラーと来た。

 胸はもちろんまったくない。ロリだし。

 指の爪は塗っている。

ドレス下半分

 ボタン群は地味にクリア色で綺麗だ。

紋様

脚部周辺

 ロリータファッションのブーツ。

台座

 フィギュア本体は台座と完全に固定されており、外すことは出来ない。全体でひとつの作品という、メーカーの思想が感じられる。

 白きパンチラ。これだけだ。スクルドのフィギュアは元々パンツがあるほうが少なく、露出も少なめだ。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp