ミニレビュー13

 とある科学の超電磁砲(レールガン)アニメ化と連動するミニフィギュア企画。単行本4巻および電撃大王3ヶ月連続付録の、全4種類。

 生産原価が高騰した昨今、付録・特典フィギュアにリアルでなくデフォルメを選択する傾向が顕著になっている。制作者側にとってデフォルメのメリットはメインのコスト対策以外に、フィギュアの命ともいえる頭部パーツへより力を注ぎ込めることが挙げられるが、今回の企画者はそれをよく分かっており、見て可愛く、実際にストラップとして使っても損のない(女性&可愛い男子限定)おまけに仕上がっていると思う。
電撃大王2010年2月号 根付ストラップ 白井黒子

 楽しいおまけだ。

 電撃大王表紙も超電磁砲で。

おまけ漫画最終回

キャーッ!

 お姉様に突貫する黒子。

 下着はやっぱり派手な色で。

 黒子単体では寂しいだろうから、美琴と一緒に並べてあげたいね。

ぱんつまるみえ

電撃大王2010年1月号 根付ストラップ 御坂美琴

3匹目!

短期集中連載2回目

 連作3体目でちょっと完成度落ちたかな。短パンキックきーっく!

 これまで以上に顔の比率が高い。

 一個の塊然としてるぶん、ストラップとしての実用性は高いと思う。

 ほとんど顔だけなので細部写すのははもういいや。

 顔がこれ以上でかくなるとゆっくりになるぜ

電撃大王2009年12月号 根付ストラップ インデックス
 2体とも可愛いね。

 箱はキャラごとにそのイメージカラーらしきもの。

 漫画まであった。にょろーんのえれっと氏。

「おなかへったー」

「とうまー、おなかすいたー」

「ごはんー」

 単純に純粋にただ可愛いぜ。タカラトミーアーツやバンダイが展開している2頭身デフォルメシリーズよりもかなり出来がよい。というかコケティッシュのバランスが。

 この顔! この顔だ。細かい作りというよりただ、顔の出来でほかにアラがあろうとすべて帳消しだろう。小さい割に髪の毛もしっかり作り込んでるし。

 ぱんつあったよ。

コミック第4巻特装版 根付ストラップ ラストオーダー
 元イラストがえれっと氏なので、絵師繋がりでちゅるやさんも。

 開発はキャラアニ。いつのまにかトイズワークス(キャラアニに吸収)の名が外された。トイズはメディアワークス系の付録・特典フィギュアの多くを担ってきたところだ。キャラアニは原型師名をあまり明かさない方針なので、今回原型師はわからない。

 単行本表紙はロリコンは買え! といわんばかりの自己主張。

ラストオーダー本体

 これはもうなんというか、ひたすら元気な奴め。

 たぶん普通に下げていても大丈夫かも。

 そうなのだ、パンチラ堂々と楽しめるフィギュアなのだきっと。

 えれっと氏準拠フィギュアもすこしずつ増えている。デフォルメはやっぱ強いね。

 豪快なパンチラでさらばっ。


2009年発売フィギュア さ行タイトルフィギュア
2009/09:角川書店/グッドスマイルカンパニー 原型:やるお氏(LAUGH) 素材:PVC/ABS 分類:特典フィギュア

「やぁよつばちゃんよつばちゃん スモークチーズはあるかい?」

「さっきよつばがたべた! たべました!」

にょろーん

「……えっ?」

 スモチ(スモークチーズ)に埋もれてご満悦のちゅるやさん。よつばの嘘は見破ったぞ!

にょろーん☆ちゅるやさん

 の、特典フィギュア……だと思っていたが、特典は「にょろにょろちゅるん!」という小冊子で、ちゅるやさんのぷちフィギュアは付録らしい。どうでもいいけどねそんな区分。

 顔はこのひとつだけ。これはおっきなねんどろいど版を買ってちょということか。

 うしろは緑色の塊。

にょろーん

 制服。どうでもいいけど替えパーツは両腕だけ。

 すげ替えでいろいろ遊べそうだ。

「もっと変身するっさ!」

「これはぷち3の私……あれ? あしゃくらさんの再現とかはないにょろ?」

「うん、埋もれてとても掘り出せねえ」

にょれろーん

 最後は白い布で。


ToHeart2 電撃G's magazine 柚原このみ裸エプロンフィギュア
2009年発売フィギュア た行タイトルフィギュア
2009/08:アスキー・メディアワークス/キャラアニ 原型:スガワラ(ラフネス) 素材:PVC/ABS 分類:付録フィギュア

乳首券を発行しますか?
▲はい
 いいえ


 いつもの雑誌付録。

 いつもの箱。

 だけどそのフィギュアは……

 全裸だったのだ!

 例のごとく複数の雑誌で4種ほど用意されたうち、入手はこのみだけ。いやほら、ほかの子はおっぱいとかおっぱいとかおっぱいとか。

 雑誌付録だし顔はこんなものか。アイプリントとかはこなれてきてるけど。

 裸エプロン、すでに持ってるだけ!

 意外に背中の凹凸はしっかり。

 裸エプロンだから普通に素足だぜ。

 そしておしり!

 いやなんか表現したらヤバいデルタエリアが。

 乳首もあったので。

 とりあえず塗ってみた。塗って即拭き取りを3回くらい繰り返し。除光液とティッシュ。時間は3分弱。

 ロリの乳首はかなり薄い方がいいと思ってる派。

 股間はすべすべ。もしここまで最初からあったらもはや雑誌付録の範疇逸脱してるよね。

 最後はロリ尻でさいなら。


トイズワークスコレクションにいてんご狼と香辛料 ホロ電撃文庫MAGAZINE限定Ver.
2009年発売フィギュア あ行タイトルフィギュア
2009/08:アスキー・メディアワークス/キャラアニ 原型:バサロキック 素材:PVC/ABS 分類:付録フィギュア

 トイズワークス(現キャラアニの一部門)のコレクションものは雑誌付録などでたびたび販促を兼ねたプレリリースをしており、今回もそのひとつ。

 それでいて最初からコレクションのタイトル名まで決まってるのはかなり珍しい。いつもは半年から1年遅れてのコレクション発売だが、今回は付録が8月、コレクションは秋(10〜11月くらい?)の予定となっている。

 ついでに雑誌はなんといつもと同じ720円据え置きだから、付録のホロは事実上「無料」だ。通常だったらフィギュアぶん値段を上乗せするので、かなりお得な付録といえるだろう。

 しかもこのクオリティ。多少の塗りムラを除けば、かわいいのう。

 ホロの足はなんかABSで出来ていた。凝ってるね。

 首は動く。その部位もABSだった。丈夫じゃ。



 最近のデフォルメで髪のグラデはお約束。

 りんごの食べ口。



しっぽ

 当然だけどエロはない。でも可愛いは正義だし要らないよね。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp