ミニレビュー10

2008年発売フィギュア さ行タイトルフィギュア
2008/07:アスキー・メディアワークス 素材:PVC 分類:付録フィギュア

電撃大王2008年9月号付録

 どう見てもシャナたん。

 コインよりも小さいのでディテールは頑張ってるほう。ちょっと前に角川書店が展開したらき☆すたの雑誌付録シリーズより小粒ながら出来はずっと上だ。

 実物を見たことがないがユージンのこちょれというのがこのくらいなのかな?

「きょん、めろんぱんちょうだいめろんぱん!」
「だめじゃないか無防備に人前に出てきたら。悪い子にはあげないね」

「うるちゃいうるちゃいうるちゃい、さしちゃえさしちゃえ」
「ぐわっ止めろ!」

「まったくこのシャナたんは」
「うるちゃいうるちゃい、はなしぇはなしぇ! うるちゃいうるちゃい、はなしぇはなしぇ!」

「そこな御仁、ちょっとその子を斜めにかざしてくれないかね?」
「うん? 誰かわからないけど……こんなふうか?」
「はなしぇはなしぇ! さしちゃうぞ、にえとのにょしゃなでぇてんまふくめちゅ!」

「うわっ! おまえ誰だよっ! てか離せよ変態野郎」
「ふふふ、いい眺めだ。こんなに小さくても白いんだねシャナたぁん」
「しゅけべみるなしゅけべ! しけいしけい!」




HGIFゼノサーガEPIII
2008年発売フィギュア さ行タイトルフィギュア
2008/04:バンダイ 素材:PVC 分類:カプセルフィギュア

 キャラ4種各2タイプずつ全8種のうち、モモ2種。

 エピソードIでは常時パンチラでロリコンどものハートを鷲掴みにしたモモ。IIIともなればシリーズの時間経過で成長しているが、ロリコンの期待を裏切らずバストは小さいまんま。

 モモ〜

 うわエピソードIIIやってないんでもう書くことが、ない!

 髪にクリア素材。

 帽子付きポーズ違い。

タイツ


JINKI-真説- 電撃大王付録 JINKI再臨メモリアル津崎青葉フィギュア
2008年発売フィギュア さ行タイトルフィギュア
2008/04:アスキー・メディアワークス 原型:バサロキック 素材:PVC 分類:付録フィギュア

 2008年春、メディアワークスは合併を経て、社名をアスキー・メディアワークスと改めた。アニメ化作品を多数提供してきた電撃大王も心機一転のようで、目玉のひとつがJINKI:EXTENDの移籍再開だった。そして2話掲載の6月号で投じられたのが、このフィギュアである。

 はいどう、はいどう、はいどうどう。

 馬乗りになるにはちょうどいいフィギュアだね青葉。

 前の雑誌で編集部の方針に逆らい、強制打ち切りの目を受けたJINKI。-真説-としての再開はファンも待ちこがれたものだっただろう。なにより電撃大王には、ひとつの特技があった――すなわち、付録フィギュア。どこからでも、自由に眺める。

 フィギュアならではの絡み。よつばも電撃大王の住人で、なおかつ両方とも同誌付録である。

アップ

 普通にボリュームがありそうに見えるが、青葉はけっこう貧乳だよ。

 黒髪ロングは大和撫子のステータス。

おしり

 しましまだった。


コナミフィギュアコレクション天元突破グレンラガンVol.1
2008年発売フィギュア た行タイトルフィギュア
2008/03:コナミ 素材:PVC/ABS 分類:ボックスフィギュア

 ノーマル5種、レア1種、全6種のうち、ニア。

 ニア以外いらない。うん。

ニアニア

ニヤニヤ

 Vol.1だからか、ロリな方で出てくれた。Vol.2以降にニアが含まれるとすれば、残念ながら成長した方のニアだろうな。

 花の瞳やくっきり配色の髪はポップで新鮮だった。

 このマントは――

 外せる。

 胸から腰まで細い。

グレン団

ぱんつ

Copyright 2005~ Asahiwa.jp