OP/TECH ユーティリティーストラップ 3/8"Webbing + スーパークラシックストラップ 3/8"Webbing + セイブオンショルダーカーブストラップ

東方光画機
購入:2011/11 分類:ストラップ

 なんか肩や首が重くて凝るので! フォトベストやバックパックを使わない運用では、肩に負担がかかりやすい。とくに最大でカメラ2台・レンズ4本にもなるときは。そこで伸縮性素材を使ったカメラストラップを導入した。プロも使っている、米国オプテック社製だぜ。

 カメラ2台による首掛けと斜め掛けを行っていたので、それ用に幅広と通常幅を購入した。2本ともシリーズは同じだ。狭い方は斜め掛け、広い方で正面掛けを。実際は負担軽減の度合いが思った以上だったので、実用本位で2台とも正面掛け運用になってしまってるけどね。1台運用時はクリップオンストロボを付けてることが多いので、もっぱら幅広を使う。

 このストラップの特徴はワンタッチで取り外しが可能な点。シリーズを合わせてるので、コネクタは2本とも共通だ。耐荷重は4キログラムあり、オプテック社内の上位規格らしいぜ。

 ストラップを容易に付け外しできる利点は、三脚でのフィギュアレビュー撮影にあり。ストラップの輪っかが引っかかることがなくなった。幸い起きてないが、顔面蒼白物の落下事故を防ぐことにも繋がるだろう。

 2014年に迷彩柄というかモジミ柄を追加購入した。目立つストラップだが、カメラも目立つニコンDfなので構わん。

 こちらは半月後に導入した、カメラバッグ用のショルダーストラップだぜ。支える重量がおおきいだけに、さすがに値も高めだ。だからまずカメラ用を試用して様子見していた。結果は効果テキメン。以上のストラップ3本を買ってから、野外撮影で肩や首の疲れを理由としての休憩がなくなった。ワンフェスもほぼノンストップだったぜ。
 ちなみにストラップからNikonの文字が消えたことで、撮影の現場で目立つ度合いが下がったように思える。これも利点だろうな。オプテックは日本じゃマイナーなようだし。非純正のメリットはより撮影に専念できることで、実用にこだわりつつステルス度も増す。
 ※ニコンDfという目立つカメラの購入により、カメラ用にモミジ柄を追加購入した。