Manfrotto 190プロカーボンファイバー三脚4段 MT190CXPRO4

東方光画機
購入:2016/08 分類:三脚

 センターポールが真横に動く変わったイタリアの三脚。でも中級三脚の定番らしい。マンフロット。カーボン&4段と、現行モデル最高級品をゲット。

 こんな感じさ。なかなか面白いギミックだよね。ただし真横にしか動かない。耐荷重7Kgを名乗ってるけど、日本メーカー基準ならせいぜい3〜4Kg級の模様だぜ。

 実際にレビューで使った。

 撮影風景。雲台は同時購入のギア雲台だ。

 このナディアのレビュー、どう写そうか悩んでた。真上から撮らないと始まらないからね。そのための秘密兵器として買ったぜ。

 おかげさまで真上からナディアちゃん写せたよ。

 三脚のセンター部分はこうなってる。

 レビュー使用時の高さは140cm近くになってた。足めっちゃ伸ばしてるね。

 ここまで伸ばしてようやく写せるわけで。

 それでさ、水平を取り直す作業や不安定さに疑問もって、同等の機能をもつベルボンのフリーアングル雲台も購入してみたのよ。そしたら三脚の足をとくに延長せずとも、センターのエレベーター移動だけでほぼ同等の高さまで達しちゃってさ、なんか意味なくなったんだよね。なにせ水平を取り直す必要がない。足のスペースを確保する必要がない。あのナディアの撮影、下準備だけで30分近く掛かってるのさ。それがフリーアングルなら雲台だけだから1〜2分でOKという! しかもフリーアングル名乗る専用モデルだけあって自在度も上! マンフロット涙目! いきなり引退か?

 いや違う! ギア雲台の母艦として活躍できるはずだ! ギア雲台のレビューを待て!